老犬の毛がバサバサに!老化以外の3つの原因と対策方法

犬も高齢になったらツヤツヤした毛からバサバサになることもあります。

その時、「年を取ってきたから仕方ない」と思うのが普通ですよね!

でも気をつけてください。

老化が原因で毛がバサバサになるだけではなかったんです。

今回は老犬の毛がバサバサになる3つの原因を考えていきましょう!

 

寝ぐせのような感じの毛を見つけたら注意!

全体的に毛が逆立っていたりバサバサなら、そこまで気にする必要はありませんが、

部分的に「ぴょん」と毛がはねていたら注意が必要です。

もし、部分的にはねている所をみつけたら、一度その箇所の皮膚をみてあげてください。

 

じーま
  • 周りと比べて盛り上がっていたりしませんか?
  • 皮膚を触って違和感はありませんか?

 

もし皮膚をさわった時にブニブニした感触なら皮膚病の可能性があります。

皮膚をつまんだ時に膿が出てきたら完全にアウトです。

 

それは膿皮症という皮膚病の可能性が高いです。

 

原因1:膿皮症ってどんな病気?

犬の皮膚には様々な菌が住んでいるんですが、

正常な状態ではまったく問題ない菌が、

例えば、体調不良などが原因で皮膚の抵抗力(免疫力)が低下した時に、

ここぞとばかりに菌が爆発的に増加することがあります。

 

その爆発的に増えた菌に皮膚が耐えられなくなり、かゆみからはじまり、

皮膚が化膿したりする病気です。

 

膿皮症のステージ

じーま

膿皮症のヤバい度ステージ

膿皮症には軽いものから重症なものが全部で3ステージがあります。

1番(軽い)から順番に3番(重症)まであります。

 

  1. 表面性膿皮症(表皮の最上部の角質層に発生する)
  2. 表在性膿皮症(毛包とそれに連なる表皮に発生する)
  3. 深在性膿皮症(毛包全体と真皮、皮下組織に発生する)

 

犬の毛は表皮からはえているんですが、表皮に異常があるとツヤツヤの正常な毛がはえてきません。

異常がある表皮からはバサバサした毛がはえることが多く、

バサバサした毛を見つけたら皮膚(表皮)の状態に異常があるかも!?と疑いましょう!

 

膿皮症の症状

膿皮症は全身の皮膚で起こる病気です。

主な症状は、湿疹、かゆみ、脱毛、フケなどがみられます。

愛犬が必要以上に皮膚を舐めていたり、引っかいたりしているなら症状の悪化に注意が必要です。

 

重症になると膿がでたり、発熱、痛みなども起こすことがあるので、

早めの治療や予防が大切です。

 

膿皮症の予防

免疫力が下がらないように普段から気をつけてあげることや

老犬にとって免疫力は超大事!高める5つの方法とは?

2018.09.30

普段から正しいスキンケアをすることでも効果があります。

 

膿皮症の対策

膿皮症になってしまったら自宅だけで治療することは困難です。

動物病院へ連れて行って獣医の先生に従って治療するのが、

早く治すための方法です。

治し方はステージによって違いますが、

  • 塗り薬
  • 飲み薬(痛み止めなど)
  • 薬用シャンプー

 

が一般的な治療法です。

皮膚病の治療後や予防には動物病院でも処方されている内側美犬が良いです。

ドクターズサプリ内側美犬を最安値で手に入れるには?

2018.10.31

 

原因2:体の内側に問題がある場合

老犬の毛がバサバサになる原因には体の中が調子が悪くなって起こることもあります。

食事が年齢に合っていなかったり、ホルモンバランスの乱れが原因だったり。

 

老犬に必要な栄養をしっかり摂ろう

老犬になっても、ちゃんとゴハンを食べていますか?

以前とかわらず食べていても、老犬と成犬に必要な栄養素が違っているのはご存知ですよね!?

やっぱり7歳を目安にシニア犬用のフードに切り替えてあげることですね!

 

新しくなったシニア犬用ドッグフード 「ピッコロ」の良い 評判と悪い評判

2018.10.06

 

安価なフードは老犬に必要なたんぱく源がコーンなどの穀物が主体になります。

犬は雑食ではあるものの肉食よりの動物なので、本来は動物性の原料の割合が多いほうが多いほうがいいんです。

 

毎日食べるフードが本来必要な栄養素が摂れないと、体に良くないのはわかりますよね・・・。

だんだん毛がバサバサになったり、抜け毛が増えたりもします。

 

じーま

フードの購入時はちゃんと原材料をチェックしてから購入しましょう!

 

ホルモンバランスの乱れに注意

皮膚や毛を正常に保つためには、ホルモンバランスが正常に分泌されている必要があります。

そんなホルモンバランスはちょっとしたことで乱れることがあります。

例えば、ストレスホルモンと呼ばれている

  • コルチゾール
  • アドレナリン
  • ノルアドレナリン

 

などが代表的なホルモンで、身近に危機が迫った時やストレスを感じた時に、

それを乗り越えるために分泌されるものです。

 

コルチゾールは平常時でも分泌されていて、糖代謝をはじめ、たんぱく質や脂質代謝にも関与する

大事なホルモンですが、

ストレスがかかると大量に分泌され血糖値や血圧を上昇させます。

血糖値の上昇は脳に必要なブドウ糖を行きわたらせ、

血圧上昇は全身へ酸素を送り込み危機的状況に備えます。

 

コルチゾールは免疫を抑制する作用もあるんですが、ストレスが長期に及ぶと、

免疫力を著しく下げ感染症などにかかりやすくなります。

 

じーま

膿皮症の菌が爆発的に増える原因はこれだったのか!?

 

アドレナリンやノルアドレナリンは、闘争あるいは逃走のホルモンと言われています。

長期的な健康維持よりも、目の前にある命の危機に集中させるために分泌されるホルモンと覚えてください。

 

犬で説明すると、仲の悪い犬に出会うとアドレナリンが分泌され、闘争本能が働きます。

負けると逃げるためにより多くのホルモンが分泌され危機を回避しようとします。

 

長期的にこのような状態が続くと、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、

リラックス状態になれなくなります。

 

じーま

散歩中に仲の悪いワンちゃんがいたら、すぐに退散しようね。

 

原因3:体の外側に問題がある場合

日々のブラッシングやシャンプーは毛艶を維持するのにとても大事なことです。

ただ、注意しないといけない点があるので紹介したいと思います。

 

ブラッシング

ブラッシングは抜け毛や死毛を取り除き、キレイにするためにとても大切な作業です。

それに皮膚に刺激を与えることで、血行促進や新陳代謝の活性化にもなります。

日々のブラッシングをさぼることで、バサバサの毛が発生しやすくなるので

1日1回はブラッシングをやってあげましょう!

 

毛玉ができやすい場所は集中的にブラッシングをやってあげてね!

  • 耳の後ろ
  • 首回り
  • 胸やお腹あたり
  • 内股

 

が毛玉ができやすく、毛がバサバサになりやすい場所です。

 

シャンプー

毛並みを維持するにはシャンプーが重要なんです!

 

刺激の少ないシャンプー

犬の肌は人間よりデリケートで、よくCMなどで弱酸性のシャンプーを宣伝していますよね。

犬は弱酸性でも刺激が強いと感じることもあります。

 

酸性やアルカリ性はpH(ペーハー)という数値で表されているんですが、

酸性やアルカリ性でもない中性(数値7)のシャンプーを選んであげましょう!

 

愛犬の皮膚のために『ミネラルスパシャンプー』

シャンプーの回数は大事

シャンプーの回数ですが、やらないのもだめですが、

やり過ぎるのもダメって知ってました?

うちのワンちゃんはシャンプーをやり過ぎて失敗ちゃいました。

 

その時の話はこちら。

うちの老犬の背中のフケはシャンプーが原因かもしれない?

2018.10.20

 

基本的には月に1回多くても2回が理想の回数です。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ