うちの老犬の背中のフケはシャンプーが原因かもしれない?

老犬 フケ シャンプー

うちの愛犬も高齢になってきたからなのか、

背中あたりからのフケがすごい!

フケをとるために1週間に1回はシャンプーをしているのに・・・

今回は僕の間違っていた知識のせいで愛犬の皮膚に負担をかけていたお話です。

 

フケの種類

フケには2種類あります。

  • 乾性のフケ
  • 脂性のフケ

 

通常のフケと言われている白いカサカサは乾性のフケ。

脂性のフケは脂っぽく、ニオイもあります。

 

タイプによってフケが出る原因や病態が全然違うので、

まずは愛犬がどちらのタイプのフケなのか知っておくことはとても重要です。

 

脂性のフケが出た場合は、皮膚病の可能性が高いので、

一度獣医さんに相談してください。

 

今回はうちの愛犬の「乾性のフケ」のお話をします。

乾性のフケとは?

乾性のフケとは、何らかの要因で皮膚が乾燥しておこるもので、

簡単にいうと、乾燥で剥がれ落ちた角質のこと。

見た目は粉のような白いカサカサした感じのものです。

 

肌が弱い老犬はシャンプーの回数を考えよう

犬 シャンプー

僕の知識不足で愛犬の皮膚に負担をかけていた理由の一つが、

シャンプーの回数。

家の中で飼っていたため、出来るだけ愛犬の体はキレイにと思って、

 

週に1回はシャンプーをしていました。

これが皮膚に負担をかけていた1つの理由でした。

 

若い時は特に何もなく、皮膚の状態も問題ありませんでした。

シニア期にはいり、皮膚も老いてきたのか、

 

シャンプーをすると、次の日くらいからフケの量が増えはじめました。

 

まさかシャンプーが原因でフケが出るとは思わず、

当時は体をキレイにしてあげたら治る!と思い込んでいました。

 

そのことを犬を飼っている友達に相談したところ、

シャンプーのやりすぎが原因かもしれないことに気が付きました。

 

その友達は1か月に1回が犬の肌に負担をかけない回数だと言っていました。

念のため本屋へ行って本でも確認すると短いものでも2週間、

室内犬なら3週間~1か月に1回と書いていました。

 

ポイント
  • シャンプーをして2日以内にフケの量が増えるとシャンプーが原因の可能性
  • 室内で飼っている老犬はシャンプーの回数は月1回で十分

老犬はシャンプーの成分も大事

犬 シャンプー 怖い話

ちょっと怖いお話です。

人間用のシャンプーと犬用シャンプー

それぞれパッケージに成分表が書いてありますよね!

 

実は人間用には100%表示義務が薬事表で義務付けられています。

しかし、犬用シャンプーの表示は任意・・・

 

どういうこと?って思ったあなた!

 

任意って事は表示したくない体に良くない成分は記載しなくても問題ないんです。

これって大問題ですよ。

 

合成界面活性剤って聞いたことないですか?

 

じーま

合成界面活性剤とは、

石油を原料として科学的に合成されたもので、

人の健康には損ない、動植物の成育に障害を及ぼす有害化学物質があります

 

安価なペット用シャンプーは洗浄力と匂いを強めるために

肌への刺激や負担となる成分が入っています。

 

しかし、成分表の記載は任意なので、

購入者は悪い成分が入っていても気がつないで

可愛い愛犬に使用しているのが現状です。

 

僕の愛犬も知らずに使っていました。

 

これが愛犬の皮膚に負担をかけていた2つ目の理由です。

 

この事実を知ってからはシャンプーの成分にも気を遣うようになりましたが・・・

 

ペットショップやホームセンターに売っている一般的なペット用シャンプーは

使わないほうがワンちゃんのためです。

特に肌の弱いワンちゃんは注意が必要です。

 

シャンプーが合わなくて皮膚トラブルになったという話もよく聞きます。

 

犬の肌の負担になる成分
  • 石油由来成分
  • 塩素
  • アルコール
  • パラベン

 

↑もし、親切に成分表に書いてあったら避けたほうが賢明です。

 

肌の弱い老犬はpH(ペーハー)にも気をつかおう!

昔、学校で習いませんでしたか?

pH値とは、酸性やアルカリ性の強さを表す数値です。

 

よく人間用のシャンプーのCMで「弱酸性」なので肌に優しいなどと言っていますよね。

弱酸性のpH値は5.5前後です。

 

人間より肌に敏感なワンちゃんには弱酸性は刺激が強すぎるんです。

肌が敏感なワンちゃんは「中性」pH値7.5前後がオススメです。

 

商品のパッケージにpH値が書いていないものや、

中性と謳っていないものは弱酸性の可能性があるので、

子犬や老犬には出来るだけ使うのは避けてあげてくださいね!

 

使い始めて2日以内にフケが増えると体に合っていない可能性があります。

 

ポイント
  • 犬の肌には「中性」pH値7.5前後がオススメ
  • 弱酸性でも刺激が強すぎる

 

シャンプーの時間はどれくらい?

老犬 シャンプー 時間

肌の弱い犬はシャンプーの時間も短めに!

長くても10分以内に終わらせてあげることをオススメします。

 

ただ、シャンプーをしてトリートメントをしていると

気づけば20分くらい経ってしまっている・・・

 

シャンプーだけなら10分で終わらることが出来るんだけどな~

と思っているあなた!

 

シャンプーだけで十分に毛や皮膚を保湿し、

柔らかくできるようなシャンプーがあればいいんですよね?

 

かなり探しましたが、成分やpH値も中性、

トリートメントもしなくても十分なシャンプーを見つけました。

 

Amazonや楽天、ヤフーショッピングを検索して最安値も調べましたので、

良かったら参考にしてみてください。

僕の老犬のフケ問題が改善されたシャンプーの最安値情報

にほんブログ村 犬ブログへ