シニア犬が下痢になりやすい原因と対処法とは?




ワンちゃんにとって下痢は「体調不良ですよー」って合図。

飼い主さんからすれば、家で様子を見たほうがいいのか、

病院に連れて行った方がいいのか難しいところですよね!

今回はシニア犬が下痢になってしまう

原因や対処法を紹介していきたいと思います。

シニア犬が下痢になりやすい理由

シニア犬は成犬と比べると腸内環境があまり良くありません。

それに消化器能の衰えもあり、下痢を起こしやすくなります。

腸内環境が悪い状態とは?

腸内環境の状態とは善玉菌と悪玉菌のバランスのことで、

どちらかが多かったり、少なかったりするだけで環境は悪化します。

腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類が存在しています。

日和見菌っていうのが、善玉・悪玉の多い方の味方になる調子のいいやつです。

じーま

理想のバランスは善玉2・悪玉1・日和見菌7

悪玉2・善玉1になると日和見菌が悪玉に力を貸して腸内環境の悪化の原因になります。

消化器系の衰え

シニア期になると当然、消化器系も衰えてきます。

もともと犬は消化が上手くできない動物で、

その原因は早食いと言われています。

理由はしっかりと噛まずに飲み込んでいるため、

胃の負担が大きいためです。

他にはストレスが原因で自律神経が誤作動を起こしてしまい、

消化液の分泌が低下してしまって、消化吸収が上手くできなくなります。

じーま

ちなみにシニア犬に多い下痢は

消化吸収不良(浸透圧性下痢)ストレス性の2つです。

シニア犬の下痢を止めるには腸内環境を改善しよう!

シニア犬に下痢をさせない為に、自宅で出来ることを考えてみましょう!

愛犬に合ったドックフード(食事)をあげよう

一番効果があるのが、毎日食べるご飯の見直し。

よくあるのがドックフードが合わないために起こる下痢。

これはドックフードを変更するだけで改善されることが多いです。

添加物や原材料には十分気をつけてあげてください。

ご飯を食べない時は前回の記事をみてください。

老犬の食欲無い時はどうすればいいの?理由と対策は?

2018.09.30

オススメは腸内環境を整える乳酸菌やオリゴ糖入りドッグフード。

 

下痢の時はご飯のあげ方にも注意が必要です。

  • ドックフードをふやかしてあげる
  • ドックフードの量を減らす
  • 手作りご飯をあげる(消化酵素が含まれている大根など)

サプリメントも効果的

犬用のサプリメントって意外とペットショップに売っていなかったり、

種類が少なかったりしますよね。

でも人間用のサプリメントをあげると効果が強すぎたり、

合わない成分が入ってたりするのでワンちゃんに与えるのは危険です。

ちゃんと犬用のサプリメントを与えてくださいね。

じーま

オススメのサプリメントの選び方は、

腸内の細胞バランスを整える乳酸菌や納豆菌が入っているものや、

善玉菌の栄養となるオリゴ糖や食物繊維が入っているものを選ぶといいですよ!

こんな時は病院へ行ってください

ほとんどの下痢は食事の改善やサプリメントなどで対応してあげれば

問題ないのですが、次のような症状が出たらすぐに病院へ連れて行ってあげてください。

  • 血便がでている
  • 下痢の回数が多い
  • 元気がない
  • 嘔吐もある

細菌やウイルス性のものなら、数日下痢が続くことがあります。

その間、下痢によって体内から水分が減ってしまって

脱水症状になってしまう可能性もあります。

ワンちゃんによっては命に関わることもあるので、

出来るだけ早めに病院で診察してもらってください。