老犬の白内障を予防するには水素水が効果的だった!

老犬の白内障は水素水

犬も人間と同じで年老いてくると、

白内障になる可能性が高まります。

 

うちの老犬も目玉の黒いところが白みがかってきた時に、

白内障の予防に効果があると聞いていた水素水を試してみました。

 

本当に水素水が効果があるのか、僕の愛犬の体験を紹介します。

 

犬の白内障ってどうやってなるの?

犬の白内障ってどうやってなるの?

白内障はレンズの働きをしている結晶体が白濁することで、

霞がかかったようになり、ものが見えにくくなる病気です。

 

白内障は老化と共に起こる病気で、

歳をかさねるほどなりやすい病気と言われています。

 

水晶体はなぜ白濁してしまうのか!?

 

本来は紫外線にあたることで発生する活性酸素を

水晶体は防ぐことができるんですが、

加齢やストレスとともに、

活性酸素に対抗する抗酸化力が衰えてしまい防ぐことが出来なくなるんです。

 

つまり、水晶体が酸化してしまうということですね。

 

水晶体の酸化=水晶体の白濁

 

活性酸素を防ぐことが出来ないなら活性酸素を取り除くことが出来ればいいんですけどね・・・

活性酸素を中和して消し去ってくれる水素水の口コミ

 

犬の白内障の原因は大きく分けると2つ理由があった

加齢とともに白内障になりやすいと言いましたが、

原発性白内障と言って遺伝的な要素でなることもあります。

2つの白内障

原発性白内障

遺伝的な要因でなる白内障

後天性白内障

老化によるものや糖尿病などの代謝性変化や外傷などによるもの

犬と人間の白内障の違いは、

人間は後天性による理由で白内障になる可能性が高く、

逆に犬は6歳以下の若い犬でも白内障にかかる可能性が高いこと。

 

白内障になる原因については、

詳しい解明には至っておりません。

ただ、先ほども説明させてもらった酸化ストレス

有力な原因の一つではないかと、されています。

 

白内障を予防するには!?

老犬 白内障 予防

残念ながら白内障のメカニズムは詳しい解明はされていません。

そのため、白内障の改善は薬やサプリメントではできません。

病院へ連れていき手術するしか白内障を治すことが出来ません。

 

犬の手術は麻酔を使うため、高齢犬はその麻酔で生死にかかわることもあります。

そのため、病院によっては手術自体やってくれないところもあります。

こんな理由で高齢犬は特に白内障にならないようにしなくてはいけません。

 

ではどうやって予防したらいいのでしょうか?

 

先ほどもお伝えしましたが、

原因の一つとして

酸化ストレスがあげられていることから、

活性酸素の管理が白内障の予防につながるんです!

 

活性酸素をしっかり管理することが白内障を予防する

活性酸素

犬にとっても活性酸素は生命を維持するのに必ず必要なものです。

ただ、活性酸素が過剰に発生してしまうと、

体を酸化させ、老化や体調が悪くなったりしてしまいます。

 

白内障になる原因が水晶体が酸化してしまうことが原因ですから、

酸化の原因の活性酸素を中和して取り除くことが出来ればいいとは思いませんか?

 

それが出来る可能性があるのが水素水です。

 

水素は酸素より活性度が高く、

他の物質と簡単に接合できる原子です。

 

この水素が酸素と結合し中和することが出来るなら?

 

水素水は、そんな水素が溶け込んだ水です。

 

愛犬が白内障になる前に飲ませてあげたいですよね。

もし愛犬が白内障になり、病院で手術をする時の手術代っていくらか知っていますか?

病院によって様々ですが、専門性がある分野で、

専門器具を使用するなどの理由で一般的な手術よりも高額になるんですよ!

 

病院によって違いますが、

数十万円~百万円近くとる病院もあります。

 

まだ若いので大丈夫と思わないで、

予防と思って水素水をはじめてみませんか?

まずは僕の愛犬も飲んでいる水素水の口コミから

にほんブログ村 犬ブログへ