老犬に関節用サプリは必要?足腰が弱った時はどうすればいいの?




年をとると、今まであんなに喜んでいた犬でも

関節痛で散歩に行くのを嫌がったり、

ボール遊びもうまくできなくなったりします。

シニア期になると、足腰や体力に衰えが見え始めることは仕方がないことです。

今回は少しでも以前の元気な時みたいに楽しく散歩に行くために

関節用サプリメントは必要なのか?

他にもやってあげられることはないのか?

紹介したいと思います。

年をとっても運動はやめてはいけない

年をとると足腰や体力に衰えが・・・という理由で

運動をやめさせてしまう飼い主さんがいます。

運動をやめてしまうと、血液循環が悪くなったり、

体の関節やじん帯がこわばったりします。

すると筋肉が細くなってしまって、

歩いたりすることも上手くできなくなってしまうこともあります。

さらに筋肉が落ちてしまうと、自分でも立ち上がれないほど弱ってしまいます。

当然、関節にも負担がかかります。

また、老犬になれば代謝が落ちてしまい太りやすくなります。

体重が増えるのに散歩に行かないと、みんな考えることは食事制限をすること。

これは絶対やめて下さい。

なぜなら、減らしたいのは脂肪だけなのに必要な栄養素も取れなくなります。

それに筋肉も落としてしまうことになります。

脂肪を効果的に落とすには、やはり適度な運動をさせてあげるしかないんですね。

ポイント
  • 足腰が弱っても運動をやめてはいけない
  • 肥満になっても食事制限はしない

老犬の足腰の改善には散歩で筋力キープ

足腰が弱ってきたな〜と感じたら犬の筋力キープを心がけて下さい。

筋力キープと言っても特別に運動をするわけではありません。

ただ散歩をするだけでも足腰や背骨まわりの筋肉は鍛えることができます。

散歩中は無理をせず、しんどそうだなと思ったら休憩を多めにしたり、

階段や坂道がない歩きやすいコースを回ってあげてください。

途中、ワンちゃん友達が集まる公園なんかに行ってあげるのも良い方法です。

ちょっとした工夫でワンちゃんのやる気を引き出してあげましょう!

足腰が弱った老犬にはサプリメントは必要!

老犬になれば、散歩に出かけるだけでも大変なお仕事。

犬は言葉を話すことが出来ないので関節痛で苦しんでいても、

あなたに伝えることが出来ません。

まだ、関節痛になっていなくても普段からサプリメントを

与えることで症状が出にくくなるかもしれません。

ワンちゃんのためにも普段から必要な成分を摂取して

予防対策をしてあげると良いです。

老犬におすすめサプリメント

サプリメントは薬ではありませんが、

成分によって特定の症状を改善する効果が期待できます。

老犬に与えたいサプリメントを紹介します。

症状 サプリメント 特徴
関節の老化対策 グルコサミン 軟骨の修復、関節炎の痛み、腫れの緩和
コンドロイチン 軟骨の補修、関節炎症状の緩和
老化防止 EPA 血栓の防止、ボケの問題行動の抑制効果
DHA コレステロール対策、ボケの問題行動の抑制効果
コエンザイムQ10 抗酸化作用、免疫システム活性化などで老化防止
視力の衰え予防 ルテイン 抗酸化作用が高く、目を保護、水晶体や網膜の酸化抑制
βカロチン  目の疲れをとり粘膜を保護
肝機能改善 S-アデノシルメチオニン 肝臓に必要な抗酸化物質を生成し、肝機能を改善

 

この中で関節に関係しているサプリメントは

  • グルコサミン
  • コンドロイチン

 

上の2つのサプリメントも凄く良いものですが、

ミトコンドリアに餌を与えて延命するだけのもの。

 

2016年ノーベル賞受賞はじめTV・雑誌等の媒体露出も多数で

有名になったミトコンドリアを遺伝子レベル元気にするサプリメントがおすすめ!

関節痛や老化・肥満を予防、今まで処方された薬やサプリが効かなかった

ワンちゃんに試して欲しいです。

犬用ミトコンドリアサプリの口コミと効果