老犬の肥満対策!太ると危険がいっぱい!?

シニア期になると犬も代謝が落ちてきて太りやすくなります。

老犬の肥満は百害あって一利なしと言ってもいいくらいで、

気を抜くと心臓病や糖尿病などの病気を引き起こす可能性もあります。

また、自分の体の重さで関節などに過度な負担がかかり、

椎間板ヘルニアなどのリスクも高まります。

うちのダックスも肥満が原因で椎間板ヘルニアになり、

手術をした経験があります。

犬の手術は命に係わることもあるので、

出来ればそんなことになる前にダイエットをして、

理想の体型にしてあげましょう!

今回は老犬の肥満についてのお話です。

老犬はなぜ肥満になりやすいの?

若い時はスマートなワンちゃんでも、歳を重ねると体がふっくらしてきた・・・

という話をよく聞きませんか?

高齢になってくると代謝が衰えてきます。

それに散歩に行っても、ゆっくりとしか歩けなかったり、

若い時と比べて運動量が減ってしまいます。

それなのにいつも通りのご飯を与えていると、

いつの間にか肥満体型になっているというわけです。

ポイント
  • 代謝が衰える
  • 運動量の低下
  • 食事の摂取量

老犬の肥満度チェック

老犬肥満度チェック

あなたのワンちゃんはどの体型ですか?

理想体型

左のワンちゃんが理想の体型です。

脇腹あたりを触ってみて、簡単に皮膚の上からろっ骨に触れられます。

胴のくびれもはっきりしています。

まさに理想の体型!

肥満体型

真ん中のワンちゃんが肥満体型です。

実は老犬でよく見るのがこの体型。

普通の体型にみえますが、実は肥満なんです。

胴のくびれがほとんどないため、コロコロした印象。

脇腹を強く押さないと、ろっ骨が確認できません!

超肥満体型

うちのワンちゃんもこの体型・・・

胸部や背骨、首や脇腹まで厚く脂肪がつき、

脇腹を押しても、ろっ骨に触れられません。

胴のくびれはまったくありません!

キケンな体型。

老犬のダイエットの方法は?

老犬 肥満

体力の落ちている老犬に絶対やってはいけないことがあります。

それは過激な運動!

老犬は段階を踏みながら徐々に減量すること!

こまめに体重をチェックしながら、

一気に体重を減らさないように注意しながら

ダイエットを行ってください。

運動の時間をきっちりとろう!

老犬だからといって運動の時間を減らしていませんか?

散歩も歩きたがらないからと言って、連れて行かないと、

筋力が衰えてしまい、歩けなくなる可能性もあるんですよ!

過度な運動にならないように、ワンちゃんのペースに合わせて

ゆっくりでいいのできっちり時間をとって運動させてあげてください。

おやつは禁止

老犬 おやつ禁止

運動量をキープしつつ、おやつを禁止します。

おやつの替わりにドライフードをあげる方法もあります。

はじめは不満気にしますが、慣れると大人しく食べてくれます。

おやつのあげ過ぎで体重オーバーなら、

禁止するだけで体重が減っていきます。

ドックフードの量を減らす

運動時間も確保し、おやつも禁止しているのに体重が減らないワンちゃんには、

いつも食べているドックフードの量を少し減らしてみてください。

目安は5%くらい。

肥満が原因の病気

肥満になると様々なところに負担がかかります。

それが原因で病気にかかりやすくなったり、持病が悪化するといったこともあります。

椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間にある椎間板という部分が飛び出してしまい、

神経を圧迫して起こる病気です。

ダックスみたいな胴の長い犬種がなりやすいとされています。

悪化すると麻痺して歩けなくなる場合があり、とてもこわい病気です。

関節炎

体重が増加することで関節に負担がかかり、

慢性的に痛みが起こる病気です。

ワンちゃんが変な歩き方をしていたら関節炎を疑ってみてください。

呼吸器系

肥満になると脂肪で気道が圧迫されます。

もともと呼吸器系に持病があるなら特に注意が必要です。

肥満になると一気に状態が悪化することがあるので気を付けてください。

糖尿病

糖分を過剰にとると、血糖値が高くなります。

うまく血糖値のコントロールができないと、合併症をおこしたり、

命にかかわることもあるので注意が必要です。

老犬の肥満は食事改善が大事

老犬の肥満は食事改善

シニア期にはいっているのに成犬用のドックフードを食べさせていませんか?

老犬の食事で気をつけたいポイントがいくつかあります。

良質なたんぱく質・低カロリー

老犬の食事で大事なものは消化吸収のいい良質なたんぱく質です。

理由は歳をとれば筋肉が衰えてきます。

筋肉を作るのに必要なアミノ酸を摂取するには、良質なたんぱく質が必要不可欠なんです!

犬はもともと肉食系の動物です。

肉には多くのたんぱく質が含まれています。

人間も肉を食べないと元気でませんよね!

老犬になると代謝が落ちてくるので、カロリーの取り過ぎには注意が必要!

シニア用のドックフードは低カロリー高たんぱくなものがあります。

僕のダックスも食べているドックフードの紹介記事も参考にしてみてください。

 

うちの愛犬も食べている低カロリーで70%がお肉のドックフードの記事

 

ミネラルバランスを意識しよう!

老犬になるとミネラルバランスにも気をつかいましょう!

ミネラルは体の機能を調整する大切な要素です。

しかし、ミネラルの取り過ぎには注意が必要です。

それが原因で尿路結石などの病気なることもあります。

一日に摂取しないといけないミネラルはドックフードでまかなえるので、

飲み水にミネラルが入っていないものを選びましょう!

間違ってもミネラルウォーターなど与えないでくださいね!

いつも飲む水がワンちゃんの体を作っているので

出来れば体にいい水を飲ませてあげたいですよね!?

 

ペットの贅沢水素水の口コミはこちら

 

にほんブログ村 犬ブログへ