老犬のお留守番は何時間までOK?共働きで心配になった時は・・・

老犬のお留守番は何時間までOK?共働きで心配になった時は・・・

今までは夫の稼ぎだけで頑張ってきたけど、

生活が苦しくなってきて共働きで働くことになったけど、

飼っている老犬を家にお留守番させないといけない・・・。

 

他に家族がいて犬の面倒を見てくれる人がいれば問題ないですが、

子供も学校があって面倒をみることができない・・・。

 

毎日一緒にいた老犬は何時間くらいなら一人でお留守番ができるんだろう!?

 

今回は老犬のお留守番は何時間できるのか一緒に考えていきましょう!

 

お留守番ストレスを考えよう

老犬になると心も弱っていき、若い時と比べるとストレスを感じやすくなります。

今までずっと一緒に飼い主のあなたと一緒に行動していたのに、

飼い主の事情で急に一人でお留守番しないといけなくなった時のワンちゃんのストレスは計り知れません。

 

少しでもワンちゃんにストレスがかからないように、

上手にお留守番をさせてあげましょう!

 

ポイント

このストレス軽減の方法次第では、

お留守番の出来る時間がかなりかわってきます。

 

飼い主様ができるストレス軽減の方法を少し紹介しておきます!

 

出かける前に遊んであげる

ワンちゃんは飼い主様と遊ぶのが大好きです。

出かける前に遊ぶ理由は、「ワンちゃんを疲れさせて寝かせる

 

頭と体を使う遊びをすることで、ワンちゃんが疲れて寝かせよう!という方法です。

お留守番中に疲れたワンちゃんは、やることが無くなると横になって寝てくれます。

 

その寝ている時間はお留守番の時間稼ぎが出来るのでとてもオススメな方法です。

 

ニオイや音楽でリラックス

お留守番中のワンちゃんは飼い主様のことで頭がいっぱいです。

少しでも他のことに気を向かせたいですよね。

 

そこでオススメなのが、アロマや音楽です。

アロマはワンちゃんだけじゃなく、飼い主様にも効果があるので是非試してほしいです。

 

リラックス効果があるとされているニオイ

  • ひのき
  • サンダルウッド
  • ローズ
  • ネロリ

 

音楽は正直なんでも良いです。

ワンちゃんが好きな音楽があれば、それが良いですがうちはテレビがお気に入りです。

動物の番組を録画したものをひたすら流しっぱなしが大好きみたいです。

 

おもちゃや歯磨きガム

お留守番時はいつも遊んでいるおもちゃも良いですが、

時間がかかるおもちゃがオススメです。

 

例えば、知的玩具(ボールなどの中におやつを入れて取り出して遊ぶもの)が良いです。

うちはいつも出掛ける時にそのボールをワンちゃんに与えて、集中している間にお出かけします。

 

歯磨きガムもおすすめです。

必死に「かみかみ」してくれるのでかなりの時間稼ぎになります。

 

老犬のお留守番の悩み

老犬といったら、人間でいうところのおじいちゃん、おばあちゃんの年齢の犬ですね!

犬によっては介護が必要な子もいれば、

元気に走り回っている犬もいると思います。

 

例えば、足の悪い子(自分では立ち上がることが出来ない子)が長時間お留守番をする時は、

  • トイレの問題
  • 飲み水が自分で飲みに行けない問題

 

が出てきます。

 

トイレの問題は、お手掛けする前に「おむつ」をつけてあげることで対応も出来ます。

 

 

犬用のおむつも販売していますが、人間用と比べて値段がお高めになっています。

もし、少しでも節約をしたい飼い主様に裏技を紹介しますね!

 

それは人間用のおむつに尻尾の穴を開けて使うんです。

サイズは7㎏くらいの犬で赤ちゃん用のLサイズが目安です。

 

形はサイドをテープで止めるタイプが良いです。

おむつを開いて、ど真ん中に尻尾の穴を開けます。

開けた穴はそのままだと、おしっこを吸収したポリマーなどがはみ出てしまうので、

穴周辺をテープなどでくるむと良いです。

 

装着する時は、ワンちゃんの背中に止めるテープがくるように装着するといいですよ!

(人間と前後逆です)

 

 

次に飲み水が自分で飲めない問題ですが、

飲み水は動けなくても飲めるような工夫をしてから出かけてあげること。

寝ている近くに水飲み場を作ってあげてから出かけてあげてください。

 

最悪、寝たまま舌をだしたら飲める場所に水のお皿を固定して設置してあげると

ひっくり返す心配もありません。

 

 

老犬でも元気に走り回れるくらいの子は、お留守番中にイタズラをしたり、

部屋を汚してしまうことがあります。

 

老犬になると飼い主に対しての依存心が強まる傾向があります。

年をとって心も弱ってくることが原因と言われています。

 

長時間お留守番をさせていると、

不安が爆発して部屋の中で暴れて汚してしまったり、

犬は子供くらいの知能があるので、やきもちからトイレをワザと失敗したり、

飼い主様を困らせようと考える犬もいます。

それがまた可愛いんですけどね!

 

じーま

老犬のお留守番の時間は一概には言えませんが、

介護が必要な犬は最大3時間以内

介護が不要な老犬の場合は最大12時間

寂しがりやな子は5分でストレスマックスになる子もいます。(要トレーニング)

一概には言えないのであくまで目安と思ってください。

 

老犬のお留守番の時はサークルに入れないで

 

よくお出かけする時にサークルの中に入れてからお出かけしている!と言う話を聞きますが、

僕はいつも可愛そう・・・と思ってしまいます。

 

老犬のお留守番は飼い主様がいなくなるだけでも相当なストレスが掛かります。

 

それなのに狭いサークルの中に何時間も入れて出かけるって拷問じゃないですか!?

 

家の事情で、そうするしか仕方がない飼い主様もいるかもしれませんが、

犬の気持ちを考えると・・・やめてあげてください。

 

もしその家の事情が「部屋を汚されるから」など、人間の都合の場合なら

ワンちゃんのストレスの事を考えてサークルはやめて、

帰宅後に部屋の片づけを頑張ってください。

 

可愛い愛犬のためなら、頑張ってみてくれませんか?

 

サークルに入れて出かける話を聞くと思い出すのが、

自分の子供を車の中で待たせて親はパチン〇する話。

 

サークルに入れてお留守番することは悪いことではありませんが、

お留守番(待たされている子)は同じ気持ちです。

 

夏は部屋のクーラーはちゃんと設定していますか?

電気代の節約と言って切っていませんよね!?

 

出かける時はテレビくらいつけっぱなしにしてあげてください。

この「つけっぱなし」は結構大事です。

 

犬も飼い主様がテレビを消すと、

今からでかけます!という雰囲気を感じ取ります。

すると、「おいて行かれる・・・。」と思っちゃうんですね。

 

出かけます!という雰囲気で出かけると、犬にかかるストレスの量が桁違いに上がります。

人間でも、静か過ぎることろは落ち着かないのと同じで、

ワンちゃんも無音の部屋でお留守番するのは結構つらいものです。

 

もう一つ重要なことがあります。

出かける時の話ですが、

間違っても「行ってきます!」と言わないでくださいね。

出かける時は自然に出て行ってあげてください。

 

行ってきます = 今から一人でお留守番ですよ!

と認識しているので、余計にストレスをかけるだけなので。

 

老犬のお留守番の時の様子を見てみたい

ドッグカメラ

老犬のお留守番はたとえ1時間でも、やっぱり心配ですよね!

お留守番中に家で何をしているのかな?

ちゃんと水を飲んでいるのかな?

など心配で仕事が手につかない飼い主様もいるかと思います。

 

そんな飼い主様にピッタリのものがあります!

知っている人もあるかもしれませんが、ドッグカメラと言って、自分のスマホからお留守番中の愛犬の姿を確認出来るもので、

ドッグカメラによっては、こっちから話かけることが出来るものや、おやつをあげる機能まで付いているものもあります。

もし気になったらこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。

 

Furbo(ファーボ)ドッグカメラの口コミや評判は?老犬のお留守番に使える?

2018年11月9日

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ